保育方針

キーワードは「子どもにとってどうなの?」

『子どもの一人一人の成長をじっくり見守り、のびやかに育てる保育をしたい』そんな保育士が集まり、「子どもの成長にとって大事なことは?」と話し合いながら保育をすすめています。

子どもの気持ちを一番大切に

子どもの気持ちを一番大切に

子どもの心の声をくみとって、代弁し、共感することを一番大切にしています。
子どもの気持ちを受け止めることから、子どもと大人の関係を築いていく保育を実践しています。

外あそびで元気な子どもに

外あそびで元気な子どもに

晴れた日は、外あそびを実施。年齢に合わせた距離を歩くこと、自然に触れることで丈夫な身体づくりを実践しています。室内では出来ないダイナミックなあそびなどで、心身の成長を保障しています。

食べることを通して

食べることを通して

ともそだちネットの保育の特徴の一つは、給食です。午前・午後ももちろん手作り。無添加の食材、農薬をなるべく使わない旬の野菜を使っています。保育者と栄養士・調理師が話し合って、個々の発達段階に合わせた食事を実践しています。
また、季節を感じ生きる意欲を高める食育を実施しています。

「子どもの自ら発達する力を大切に、一人一人の成長を見守っていこう」

☆月齢にふさわしい快適な生活リズムを保障しよう。
☆咀嚼力のある何でも食べられる子どもに育てよう。
☆発達の筋道にそってゆっくりのびのび育てよう。
☆意欲的で生き生きと遊べ、大人や友だちとの関わりを喜ぶ子どもに育てよう。